エレフィーと懲りないピノイ化計画
待ちに待った彼女が2006年11月18に来日した。二人で始めるドタバタフィリピン流生活。先の事はどうなるか判らないが、とりあえず新婚生活スタート!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
フィリピン出張編Part-2
無事予定通り、福岡国際空港に到着した。
即効で、チェックインを完了し搭乗ゲート内にある喫煙室に向かった。

さぞかし心配しているあろう彼女に私は電話をした。

既に両親はマンションに到着しており、お袋は寂しそうにしていた彼女をショッピングに誘ったようだ。
丁度、彼女の化粧品を物色している最中だった。


マハール、ワタシ ダイジョウブ ヨ!
イマ オカアサン ト イッショ。キヲツケテ イキナサイネ!


なんじゃそりゃ・・・

化粧品をお袋に選んで貰いご機嫌のようだった。


定刻通りにフィリピン航空はマニラへと飛び立った。
マニラ国際第二ターミナルに到着し、私はスーツケースを待っている間に現地駐在員に電話をかけた。
既に彼も待合所に待機しているようで、一安心だった。
現地駐在員のO氏は元々は私と職場が同じで、彼は英語ができると言うことで2月中旬より現地入りしていた。

スーツケースをピックアップし待合所に向かった。
O氏と合流し、簡単に挨拶を済ませて駐車場へと向かった。
駐在員用に会社がドライバーと契約しており、そのドライバーが駐車場で待機しているのだった。

久しぶりのフィリピン。
やはり、暑い・・・が私の第二の故郷(´∇`;)

まずは、私の初日の宿泊先であるマカティの
”AMORSOLO MANSION”に向かった。

と言うのは、会社が契約(少し割引)している
”RENAISSANCE HOTEL(旧ニューワールド)”が初日のみ満室で予約が出来なかったそうだ。
従って、初日のみAMORSOLOに宿泊し、二日目からRENAISSANCE HOTELと言う訳だ。
少し、面倒くさいが仕方がない。

現地駐在員に通訳して貰い、チェックイン完了。
部屋に荷物を置いて、休憩を兼ねて二人は室内で一服した。

私は今後の予定を彼に尋ねた。

駐在員O氏の話では一度会社に戻るとのこと。
時計は7PM前を指していた。

ホテル前に待機させていた契約車に乗り込み、マカティにある某ビルに到着した。

イメージです



私たちが乗り込んだエレベータはオフィスのあるフロアに到着した。

既に現地所員は誰も居なかった。
ここフィリピンでは残業なんてありえないんだろう。

オフィスにいた出張者(先発隊)のH氏と合流し、暫く雑談して3人で晩御飯をする為にオフィスを後にした。

日本人3人が到着したのは小さな日本料理店。
そこで、現地駐在員のO氏と色々とフィリピンでの生活を聞いた。
彼はフィリピンに来て二週間程経過したが、会社と契約したアパートの往復だけでストレスが溜まっているそうだ。

・晩御飯は現地所長と大抵ご一緒とのこと。
(監視か?)
・また、食事後に夜のお店に行っては行けないと厳しく言われているとのこと。
(でもその所長は幹部クラスが来比したらお店に行ってるらしいが?)


もし、フィリピンで何か問題事でもあれば会社責任になりかねない。

そりゃ、そうだけど・・・

結局、食事後は大人しくホテルに戻り、シャワーをして速攻で寝ることにした。

えぇ、寝る前に日本からの電話が五月蝿かったです(*vv)


おまけに、ここのホテルはマンションタイプでしたからシャンプーが付いてませんでした。

石鹸で髪を洗ったさ_| ̄|○

AMORSOLO MANSIONベッド


AMORSOLO MANSION部屋


スポンサーサイト
TOP
母の誕生日
3月1日、私の出張初日は母の誕生日でもあった。

画像は彼女が母の為に買ったバースデーケーキと花束を前に嬉しそうに笑う母です。
母の笑顔は見れませんが(´∇`;)

テーブル上の料理は彼女18番のチキンカリーです(笑

うちの親父にはチキンカリーの味は濃い過ぎて合わなかったそうです。

尚、うちの両親は写真の奥に見える和室で10日間寝たそうです。

母の誕生日


TOP
フィリピン出張編Part-1
プライベートの渡比は二度程あるが、今回の渡比はビジネス。
心の隅っこでは夜のことでウキウキしていたが・・・


今回もフィリピン航空を利用するため、昼過ぎには福岡国際空港に到着しなければならない。
3月1日この日は木曜日であったが、彼女は仕事を休んでいた。

アナタ フィリピン イク。
ワタシ サミシイ カラ シゴト デキナイデショ!


まぁ、そうなるわな。

朝9時過ぎ、スーツケースとビジネスバッグを持って、駅に向かっていた。こんな時に、彼女が車の免許を持っていると、どんなに助かるだろう。

ホントニ イクノ?

あぁ、仕事だからな。

ホントニ?

こんな会話を繰り返しているうちに、地元の駅に到着した。

福岡国際空港までは地元の駅から新幹線発着駅に向かい、そこから新幹線に乗り換えて博多駅に向かう予定であった。

彼女は見送りの券を購入し、二人はホームに向かった。

マハル・・・シンカンセンマデ ワタシ イク・・・

えっ?それは駄目だよ。まだ一人で帰る出来ないでしょ?

ワタシ サミシイ・・・タブン アナタ カエルマデ ズット ナク。

大丈夫だよ。お父さん、お母さんが昼前に家に来るから。
仲良くしなさいよ。判った?


ワタシ アナタ イッショ ガ イイ・・・

電車が向かってくるのが見えた。
彼女は大粒の涙をこぼしていた。

電車が到着した。

んじゃ、行って来るよ。頑張ってな。

オポ・・・

私は電車に乗り扉の側に立ち、車外で泣いている彼女を見つめていた。

電車の外では一人のピリピーナが人目を気にせず、泣いている。
車内の人には、どのようなシーン見えただろうか。

私はちょっぴり恥ずかしかったですが(´∇`;)
TOP
出張伺い書
フィリピンへの出張は3月1日~10日までの10日間だった。

出発三日前、私は海外出張伺い書を作成し、課長、部長の職員を貰う為、伺い書を持って持ち回りした。
両者とも私の嫁はフィリピン人だと言うのは勿論知っている。

両者の共通の会話は・・・

elefee君はフィリピンはベテランだろうけど、仕事だからな?
判ってるな?


だった・・・

も、もちろん、仕事だけですよ!
何言われてるんですか!ははは・・・


出発三日前に嫁だけでなく、上司にも釘を刺されるelefeeでした。
私って信用ないんですね・・・_| ̄|○

また、私がフィリピンのグループ会社に出張に行くことは既に向こうの所長にも上司より連絡が入っていたようだ。

”フィリピン嫁を持つフィリピン慣れした若い衆がそっちに行くので夜は監視して戴きたい”
と・・・

この話は、出張に行き所長へ挨拶した時に、所長より直に聞かされるのであった。

そんなことは知りもしないで、出発前日まで”夜は何処に連れて行ってくれるのだろうか”と、心ウキウキのelefeeさんでした。
TOP
ウェディングフォトについて・・・
彼女の夢であったウェディングフォト・・・

今も彼女の夢の途中となっています(´∇`;)

私の兄貴と私の仕事面でスケジュールが合わなかったのが一番の要因でした。

と、言うのは、うちの兄貴は出張が多いこと。
そして、私にも海外出張の話が年末よりあったのです。

それもフィリピンに!

私の仕事は某CADソフトを扱ったエンジニアです。

フィリピンの人件費の安さは魅力的です。
その為、うちの会社でもフィリピン(マニラ)にエンジニアグループを編成し、オペレータを育てる話がでておりました。
所謂、0からのスタートと言う訳です。

で、出張要員(トレーナー)として私が呼ばれた訳です。

上司から正式に出張指示があったのは2月に入った頃だったでしょうか。

彼女には昨年末から、”ひょっとしたら海外出張がある”と伝えておりました。
しかし、正式に海外出張のスケジュールが決まった事を伝えますと、それはもう、大変でした。

ワタシもイッショにイク

無理でしょ・・・

ナンデ?マエノ女イッショスルか?

何いってんの?

と感じで・・・

最終的には、彼女も納得し?フィリピンに同伴する事を諦めてくれました。

私が出張に行っている間、マンションに彼女一人では心配でした。
そこで、私は両親に相談しますと、両親は私が出張で家を空けている間マンションに住み込みしてくれる事になりました。

逆に彼女が両親とうまく生活できるか少し心配でしたけど(´∇`;)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

TOP
久々でございますが・・・
お久しぶりです。

elefeeでございます。

えぇ。。生きてます。

本日の更新までの間に、皆様からの”どうなってる?”等、メールを受信しておりましたが、ブログの更新並びにメールへの返信を疎かにして申し訳ありませんでした。

本日は時間がありますので出来る限り更新します。

こっそりと・・・



テーマ:本日の日記 - ジャンル:日記

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。